憂国日記
6月



各日付ごとにnameアトリビュートを設定しています(日付の上部に薄い灰色で表記)。リンク等にご利用ください。


[#030630]
03/06/30

さようなら、タモリさん

<海賊版>手塚治虫さんの未収録作集めコミックス偽造
 変なグッズを大量に抱き合わせた未収録作品を小出しに販売する秋田商法の方がよっぽど……

集団レイプする人はまだ元気がある 自民・太田議員発言
 犯罪を起こすことのできる人はみんな元気があると思います。
 こんなことより、少子化の要因を「プロポーズできる元気のある男がいない」なんて牧歌的な男根主義発言している方が、よっぽど問題なのでは。

ミュージックステーションでt.A.T.u.ぶっち
 つかね、そもそもt.A.T.u.はお騒がせがウリなんだからいいんですよ。言えるうちにわがままはやっとくべきで。

 問題なのはタモリですよ。タモリ。
 あいつ、お笑いでしょ。しかも「密室芸人」として、当時のお笑いの枠をぶち破る芸をしていたわけだ。
 だったらさ、t.A.T.u.が出てこないなら来ないで、なんかアクション起こせよ。t.A.T.u.の控え室の前までいって、偽ロシア語で説教するとか、そういうことやれよ。こんなおいしいシーンを見逃してんじゃねぇよ。
 それを定位置に座ったまんま「生放送には色々あるということをお話ししないといけません。タトゥーが『(番組に)出たくねぇー』ということです。控室から出てきません」ですよ。そんなの局アナだって言えるじゃん。現状をお知らせするんじゃなくて、お笑いとして客を盛り上げるのがお前の役目だろ。何のために司会の席に座ってるんだ?司会をするためか?違うだろ、タモリ流で番組をしきるためだろうが。心あるお笑い芸人はみんな歯ぎしりしてるよ。「俺ならもっとうまくやれる、司会を変われ」って。

 2ちゃんねるにも、こうした失望の書込みがされてるかと思ったら、意外とみんな普通にt.A.T.u.に怒ってましたね、さすがガキぞろいの2ちゃんねる。多分、2ちゃんねらーの大半は密室芸人時代のタモリなんか知らないんだろうな。彼らのタモリに対するイメージは「サングラスかけた司会のオッサン」なんだろうな。

 おい!タモリ!!
 俺はアンタを信じてたんだよ!!今は純朴な司会者の仮面を被っているけど、いざという時はやってくれる、そういう男だと信じてたんだよ!!俺はアンタにファンタジーを感じてたんだ!!
 でも、蓋を開けてみたら、完全に腐っていた。純朴な司会者の仮面はアンタを純朴な司会者に作り替えていた。
 だから、俺のファンタジーももう終わり。タモリにさん付けするのも、日記のタイトルが最後。
 タモリ。アンタは単なるサングラスかけた司会者のオッサンだ。もう興味はない。バイバイ。

一方、鶴瓶は神
 お笑いはかくあるべし!!


[#030625]
03/06/25

ケンシローは何で辞めないの?

この国の倫理体系
「セクハラをする」→「議員辞職」
「ヤクザと癒着」→「散髪」
「日本をアメリカの戦争に巻き込む」→「なにもなし」

頭のてっぺんからつま先までDQNだな。

坂川山輝夫世代の新入社員のタイプ
名称「太陽に吠えろ型」
コメント「安易に他者にくだらない呼び名を与え、自らは安っぽい三文ドラマのような人間関係を求める」

さわやかWWE更新(ヘッドラインには表示されません)


●さわやかWWE【RAW】(in サンディエゴ)日本放送6/23

・冒頭、先週ジェリコが言っていた、ハイライトリールのゲスト、ロック様登場。ちなみに俺はWWEにおけるロックの存在は、笑点のこんぺい師匠と同じだと思うがどうか?
・女子6人タッグ。アイボリー、久しぶりのRAW登場。ビクトリアの衣装はやっぱり先週のタイム小学生ではありませんでした。
・ステイシー、3流レスラー、テストに「もうこれっきり」と。テストは契約をたてにこれをさせない構え。どうせバッドブラッドでBPPとやるんでしょ。
・ハリケーン登場するも、ランディ・オートンに襲撃を受けて、あっさり退場。
・フレアー「男たるもの、闘いに勝ってこそ男」といい、HHHに平伏す。フレアーはHBKに「いつまでも私の崇拝者で終わる」。HBKはフレアーに「スペースマウンテンは老朽化でガタがきている」と、それぞれ応戦。その後ナッシュが出てきて乱闘に。
・3流レスラー、テストとBPP。バッドブラッドで対戦決定、やっぱりな。勝った方がステイシーをマネージャーに。まぁ、どっちについてもステイシーは塩のマネージャー。不遇だな。
フレッド・ブラッシー死去のお知らせ。
・ストンコールドとビショフのバッドブラッドでの「何らかの形での対戦」は「田舎流トライアスロン」に決定。ってなんだそれ?面白げな予感。
・クリス・ジェリコ、ゴールドバーグの車にペンキぶっかけ。逃げるジェリコ、追うゴールドバーグ。って、しばらくこのパターンだな。
・リング上にハイライトリールのセットがあるが、ジェリコは逃げたばかり。と、思っていたらクリスチャン入場。クリスチャン初のショー「ピープショー」スタート。ゲストのロックを呼び出す。クリスチャン、ロックの「Finally」を止め「新・皆の王者がサンディエゴに帰ってきた!!」とロックのマネ。会場はブーイング。クリスチャン「新しい皆の王者の俺がいるから、ロックは不要」と。ああ、そうか、この絡みのために、クリスチャンはしばらくロックのマネをしてたのか。
・ロック観客席に降りて「真の皆の王者は誰か?」と質問。全員ロックと答える。どうのこの辺でロックがフェイスターンしたらしいことに気付く。まぁ、どうせすぐに映画に行くんだからどうでもいいけど。
・ジェリコが帰ってくる。ロックに「俺は食らったことがないが、(ゴールドバーグの)スピアーは痛かったか?」と質問。なんだかんだで乱闘。ジェリコとクリスチャンがロックを蹴っている所にゴールドバーグかと思ったらブッカーT登場。ああ、そういえばIC王座戦の絡みがあったっけ。
・ロック、ジェリコにスマックダウンからスパインバスター、そしてピープルズエルボー。おまけにクリスチャンにはロックボトムと大盤振る舞い。さらにブッカーTがクリスチャンにピープルズエルボー。そいえば昔WCWでブッカーTはロックのモノマネキャラだったんだよな。
・ブッカーT。「ロックの新作を見せていない」と謎発言。ロックの新作は「ロック・ア・ルーニー」だってさ。ロック、多少渋りながらロック・ア・ルーニーを披露。回転は半回転くらい。
・ジェリコとクリスチャン、帰ろうとするが、ストンコに止められて帰れず。
・RVD&ケイン組 VS ラ・レジスタンス。ケインがローブローからあっさり負け。やけにあっさりしてるなと思っていたら「ガシャーン」でストンコ登場、ケインに「内なる炎はどこだ?」と説教。ストンコがケインを怒らせる行動をとり、チョースクスラムを要求するものの、ケイン噴火せず。最後にスタナー。本日、マイク1本破損。
・謎のマトリックス風CM。ゲイル・キムって誰?
・HHH、ヘル・イン・ア・セル戦は中止だと発言。
・ジェリコ&クリスチャン VS ブッカーT&ゴールダスト。ああ、ここでゴールドバーグ乱入だな。ブッカーTをジェリコがベルトで殴打している時に、地元ファンお待ちかねのゴールドバーグ乱入。スピアーを仕掛けるものの、ジェリコがレフェリーのロビンソンを突き飛ばし、そこにスタナー。仕事とはいえ、ロビンソンも大変だな。
・我らが上級レフェリーのアール・ヘブナー。自分は特番で凶器で殴られたし、ティム・ホワイト(レフェリー)がヘル・イン・ア・セルを裁いてひどい目にあったので、特番でのレフェリングは嫌だと、仕事とはいえゴールドバーグのスタナーを食らったロビンソンを尻目に見事なへたれ発言。さすがである。
・それを受けてストンコ「イカれていて、タフで、この試合を裁く適切な男」とやらに電話。俺はミック・フォーリーと予想するが、どうか?
・メインの6人タッグ。我らが上級レフェリーヘブナーのワケのわからん裁定で、どっちが勝ったかいまいちわからないまま終了。JRに「注意が散漫」「中途半端な裁定」と言われ放題。これは日本の一部のイカれたWWEマニアのためにWWEが組んだシナリオですか?それとも、マジボケ?ある意味ヘブナーの「上級」の称号は、娘婿特権の王座ベルトなんかより、はるかに穢れた称号なのかも。みんなで叫ぼう「ブレッドをハメた!!」


[#030620]
03/06/20

ゆとり教育問題ではなく

そもそも、現代の「ゆとり教育」問題というのは、ゆとり教育そのものの是非の問題ではなくて、日本人の教育観の問題だと考えます。

 つまり、現在の学校教育への社会への期待というのは決して「勉学を修める」事ではなくて「より良い社会人になること」です。そして「より良い社会人」とは決して日本をよりよくしようと考える人のことではなくて、体制に順応すること、すなわち「より良い労働者、より良い消費者」である人の事です。
 学校教育体制においては、小学校で学問の基礎を学んだ後は、中高と自分で意義を持たない勉学に対し、ひたすら根気強く挑む能力、つまり自分で問題を抽出し解決するのではなく、上の人間の言うことをドグマ化して遂行する能力を学びます。これは「より良い労働者」の部分に対応します。
 その後、大学に進学しますが、そこでも表面的には学問を学ぶという表面的姿勢を見せながらも、現実は「より良い消費者」であることを学びます。すなわち、サークル主催の各種イベントや、クリスマスやバレンタインといった節目のイベントにおいて、企業が望むままに消費しすることが期待されています。
 また、大学のつがい形成機能も見落としてはなりません。なぜなら、企業はつがいを形成させることによって、自己の「欲しい欲しくない」という消費欲求に依存することなく、定期的な消費(デートやプレゼントなど)を生み出すことができるからです。また、大学からは離れますが、お歳暮やお中元、年賀状といった虚礼もこうした結果を期待されてのものであることに注意してください。もっとも、こうした「社会人的虚礼」は交通手段の拡大などにより人々の繋がりが肥大化しましたが、そのために各人の金銭的負担が多くなったために、むしろ抑制の方向に向かいつつあることに注意してください。その点、つがいであれば相手は基本的に常に一人ですから、日本の経済状況以外の要因において消費が抑制されることはありません。これが「より良い消費者」です。
 ところで、つがい形成機能を持たないように見える、女子大はどうなのかという点についてですが、これは男性に対し「手に届きづらい存在」というイメージを植えつけ、それにより女子大生獲得欲求を高まらせ、当の女性に対しては普段、手の届く所に男性がいないために、各自が意識的に男性を欲求するクセを植えつけますので、むしろ共学の大学よりもつがい形成能力が高いと考えられます。
 そして、つがい形成はそのまま夫婦の形成、つまり社会的順応へと繋がることは言うまでもありません。

 かくして、より良き労働者であり、より良き消費者であるエリート層が形成されるのです。これが日本人の持つ教育観です。

 で「勉学」はいったいどこへ行ってしまったのでしょうか?
 勉学など所詮はお題目です。大学を頂点とした教育システムは勉学という表層を誉め称えながら、実はその裏の「より良き労働者、より良き消費者」を賛美しているのです。もちろんここでいう「より良き」がミクロ経済学的解釈である「自身が正確な判断する」といった意味合いとはまったく間逆であることは先にも記した通りです。

 では、こうした日本人の教育観の問題と、ゆとり教育の問題がどのように繋がっていくのかという点ですが、まず前提としてゆとり教育問題というのが、教育を受ける生徒の問題ではなく、「教育を受けさせたい側の問題」であることに注意してください。つまり、教育を受けさせたい側と言うのは、既得利権を持った人間=企業ですから、もちろん現在の企業化された教育観を維持したいわけです。そして彼らにとってこうした教育観はドグマ化されて維持されれば安泰なのです。
 すなわち、反ゆとり教育とはゆとり教育の内容に対する反対ではなくて、そもそもドグマ化されるべきである教育観に対して批判を加えているそのこと自体に反発しているのです。
 では、もう一方の反ゆとり教育者である個人はどういう意図から反対しているのでしょうか。
 まず、企業の意図(教育観のドグマ化欲求)によって煽られている状態が考えられます。
 もともとこの運動は塾のチェーンが「円周率はおおよそ3」やら「台形の面積の公式さようなら」など、企業利益を計るための煽りを入れたのに始まり、こうした問題をマスコミが取り上げさらに煽りを拡大しました。こうした煽りに対して正常な判断能力をそもそも形成されていない個人が大げさに反応しているのです。
 もうひとつ、重要視すべきなのは「自己の最大肯定」です。
 彼らは「円周率が3.14ではなくおおよそ3である」という変更を、自ら学んだ「円周率は3.14」という常識を否定される事の様に感じています。数学的常識で言えば、3.14にしろおおよそ3にしろ、πを適当な単位で区切っているだけであり、どちらも正確ではなく、かといって間違いでもないわけですが、自己肯定をしたい人たちにとっては正しいか正しくないかではなく「3.14でないという事態そのもの」が自己を否定する要素と映るわけです。これも個人による一種のドグマ化欲求と言えるでしょう。
 また、他にも自らが高学歴のエリートであるために、その地位を脅かされたくないという欲求もあります。

 結局「反ゆとり教育」運動に賛同する思考には、企業、個人どちらにしても、国の将来の事などまったく考えていない現実が見て取れるのです。
 ゆえに本当の「ゆとり教育問題」は、ゆとり教育の学問的正当性の問題ではなく「反ゆとり教育的思考問題」であると考えています。


[#030619]
03/06/19

支離滅裂?オマエガナー

少し前の話だけど柏崎で天皇が蓮池に声かけてたねぇ。
 陛下、日本のためを思うなら、声ではなく肥をぶっかけてやっていただけませんか。
上半身に弾が当たる!そういう威嚇射撃
 さすが世界のマフィ……おっと警察。
衆院議長が異例の「注意」=首相の「野党は支離滅裂」発言
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」発言の方がよっぽど支離滅裂では?
米軍女性兵士リンチさん、捕虜当時の記憶なし
 つか、そういうホワイトハウスとの契約なんでしょ。

さわやかWWE更新(ヘッドラインには表示されません)


●さわやかWWE 【RAW】日本放送6/16

・今回のオープニングはHBK。フレアーを呼び出しほめちぎって「フレアーと戦う」と宣言。一方、裏切ったフレアーに対し、HHHが悪態をつき放題。ここでビショフ登場。エリック・ビショフ提供(!)のバッドブラッドでHBK VS リック・フレアー決定。ついでにRAWでのHBK & フレアー VS HHHのハンデ戦も決定。
・三流レスラー、テストとブッカーTのモッサリ具合はほぼ同じ。
・HHH、共同GMのストーンコールドにハンデ戦を中止させようとゴマをするも、あっさりあしらわれる。ちなみにストンコの右目が変な具合になっていたのは「石けんで転んだ」とのこと。お前はジャイアント馬場か(笑)(かつてプロ野球選手だった馬場が大洋にいたとき、キャンプ先の風呂場で石けんを踏んで転んで大けがをしてしまい、それが原因で野球を引退したという話は、プロレスファンならお約束)
・ビクトリア、タイム小学生のようなエロイ新コスチューム。試合したらポロり確実。
・バル・ビーナス、ヴィクトリアをAVに勧誘。タイトルは「ビクトリアのちょっとエッチな秘密」。そんなベタなタイトルでは高橋がなりには勝てないぞ。ちなみにスティーブン・リチャーズがRAWでシングルマッチをするのって、ずいぶん久しぶりなのでは?
・戦没者記念日なので、イラク人を虐殺した方々にも多数ご来場いただいています。RAWはイラクでも絶賛放送中!!(週プレの大川前総裁情報)
・クリスチャン、髪型に700ドル使った。いつの間にかバッドブラッドでのブッカーTとのIC王座戦が決まっている。
・戦没者記念日なのでリリアンが「アメリカンビューティフル」(というタイトルなのか?)を熱唱。途中でラ・レジスタンスが乱入して中断、よくやった!!本当はレッスルマニアでやってほしかったところだ。まぁ、まだラ・レジスタンスはいなかったけど。ちなみにアメリカ批判が抽象的な内容になっていた。さすがにWWEも「大量破壊兵器はみつかったか?」などの具体的な内容ではシャレにならない事態になっていることに気づいたらしい。この後ストンコ登場でスタナーぶっぱなしてビールというお約束の展開。ところで「(兵士たちのおかげで自由に)ビールも飲める」って、アンタは裁判所命令でリング上でしかビールを飲めないはずでは?
・HHH戦に張り切るフレアーの背後に謎の黒覆面。どうせランディ・オートンでしょくらいに思っていたら、メインでマスクを取ったらその通りだったのでビックリ。
・マトリックスを意識したような謎のプロモーションビデオ挿入。新人かな?ベテランかな?
・クリスチャン VS ゴールドダスト、クリスチャンが負けたので「おや?」と思ったらIC王座戦ではなかった模様
・ハイライトリール。プラズマTVジェリトロン5000の縁に燦然と輝く「JERITRON 5000」の文字(!)。バッドブラッドでのジェリコ VS ゴールドバーグ決定。ジェリコがゴールドバーグに防犯スプレーを噴射してスタナーで倒す。そして今週も車に乗って(エンジンがかからなかったのか、走って逃げてましたが)そそくさと会場を後にするジェリコ。
・メインのHBK & フレアー VS HHH。HBKが捕まりピンチ。なんとかフレアーにタッチするものの、フレアーがHBKを強襲、仲間割れは策略だった模様。試合終了後、二人がかりでHBKを襲っていると、ケビン・ナッシュ登場。次いで謎の黒覆面も登場。ナッシュとHBKを襲う。覆面を取ったら、先に書いたとおり、やっぱりランディ・オートンでした。バティスタの復帰はまだかな?
・終了後のビバ・ラ・ラッサあたりで横アリの17日の追加公演(!)の告知。さっそくチケット取りました。個人的にも金曜より木曜のほうが都合がいいのでラッキー。


●さわやかWWE 【SMACK DOWN】日本放送6/17

・おもいっきり録画をしくじり、結局後半40分程度しか見ていない。
・カート・アングルのやたら長い復帰CM。ベビーターンの兆し?
・ミステリオが来た時のCMとまったく同じ構成のウルティモドラゴンcoming soonなCM。
・バシャムブラザーズという謎の新人登場。いきなりリキシの尻を食らう。試合は正直……
・ビンス、障碍者用スペースにリムジンを止めていたのでレッカー移動される。ところでウソ発見器はどうなったんだろう?まぁ、成功しているハズはないのだが。
・メインはテイカー&レスナー VS FBIのハンディキャップマッチ。FBIのメイン進出は初?ナンジオが負傷で戦えないといい、代理としてビックショーが出てくる。最後はビックショーがチョークスラムでレスナーからピン。最近はレスナーの相対的な強さの低下が目立つ。


[#030617]
03/06/17

学校の役割

放送大学の授業で、先日、労働市場における学校の役割みたいなのをやったんだが、やっぱり学校というのは明確に「雇用の階層への選別」の意味を持っているんですな。職業選択の自由とかウソをついたのは誰か?
 しかし、学力の意味を見失い、もはや「理数(宗)教」の布教媒体になってしまった学校教育に選別機能としての正当性は存在するのでしょうかね?

さわやかWWE更新(ヘッドラインには表示されません)


●さわやかWWE 【SMACK DOWN】日本放送6/10

・ビンス、リムジンから直行で花道まで。ジャッジメントデイの不満をぶちまける。いつもの黄金パターン。
・オープニング曲が盛り上がらない曲に変更。
・タッグタイトル戦は試合が長いなぁ。最後はエディがレフェリーをイスで殴っておいて、それをハースに押しつけ。騙されたレフェリーがチームアングルの反則負けを宣言して勝ちという、ゲレロズのキャッチフレーズ「ズルして頂き」を体現した内容。
・カート・アングル2週間後に復帰。
・またビンスが登場。なんだかんだで、オヘア VS Mr.アメリカが決定。オヘアが勝てばMr.アメリカがウソ発見器にかけられ、Mr.アメリカが勝てばパイパーがクビ。まぁ、こういう場合は留保付き側が負けるので、どのような方法でMr.アメリカが負けるのかが今日の見どころ。
・FBIはあいかわらず目立ってるんだか目立ってないんだか……。
・マット教祖のお言葉「マットの好きなステーキの焼き加減はミディアム」「マットはベノワより歯の数が多い」
・ミステリオチャレンジ。シャノンとクラッシュ、二人に勝てたらクルーザー級王座戦。ミステリオが勝ったのでマット兄さんキレる。
・ザック少年インタビュー。義足を売りにするための障碍話を中心に。
・FBIがレスナーをボコボコにしているところで、アンダーテイカー復帰。
・セーブル。ジャッジメントデイでのタズのジャッジに不満。実況席でエロいポーズを決めて、タズに水をぶっかける。グッジョブ。
・Mr.アメリカ、ザック少年と一緒に入場、今日はフサフサ未装着。オヘアとホーガンが試合をすると、ホーガンのよたよたさが実にクッキリ。やっぱり地元ファンはジャイアント馬場を見るような優しい目でホーガンを見てるんだろうな。ハルクアップが終わったあたり、試合中に突然ビンスが警官を引き連れて登場。ザック少年を不法侵入と暴行で逮捕。ホーガンが警官ともみ合ってる間にカウントアウトで負け。ところで、俺この項ずっとMr.アメリカをホーガンと書いているのに気付かなかった。まぁ別にいいけど。


[#030613]
03/06/13

やっぱりテンションがあがらないな

1日たっても小泉の「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」発言は笑えるな。
 そもそもこんな問題は最初に日本がアメリカの立場を支持した時点で速答できなきゃおかしいはずのもので、それに対してこんなとんちんかんな答えをするというのは、それこそ小泉がイラクの大量破壊兵器に関する情報を日本側で一切吟味せず「アメリカがそう言っているから」という理由で考えなしに賛同していたという事を雄弁に物語ってる。

ちょっとたまたまアングリッフに書いてみたら、釣れました。
 やっぱり家族会とかを支持する連中にとっては、横田めぐみさんなんかは悲劇のヒロインとして死んでて、もしくは北朝鮮に一生幽閉されたままの方が嬉しいんだろうね。
 違うというなら、日本に帰ってきた5人以外に関しては生死すら定かにできていない(見殺しである)という現状を認め、対北朝鮮の流れの中で帰国の可能性がどんどん狭まっている、すなわち政治的交換物としての価値は損なわれ、戦争回避のための人質としての価値が急騰しているという現実を考慮すべき。
 まぁ、蓮池兄あたりは東電の核を使えりゃ、なんでもいいんだろうけど。

さわやかWWE更新(ヘッドラインには表示されません)


●さわやかWWE 【RAW】日本放送6/9

・さっそくストンコ入場。ジャッジメントデイでのビショフのゲロシーンを何度もリプレイ。
・次回PPVはストーンコールド・スティーブ・オースティン提供の”バッドブラッド”。次回から特番が両番組共催ではなく、RAW特番、SMACKDOWN特番、共催特番に別れるらしい。もっとも、RAW組、SMACKDOWN組に分かれて以来、特番までの通常番組が4、5回になってしまったせいで、ドラマの中ではなく、唐突に特番での対戦が決まる印象があったので、これを延ばすのはドラマ優先にするために正しい方法でしょうね。
・ストンコ共同GM(ビショフが二日酔いでダウンなので、実質GM)、HHHに「元世界チャンピオン限定」でベルト防衛戦の対戦相手の指名権を与える。HHH、この難題をリック・フレアーを指名して切り抜ける。
・3分警告隊からリコ離脱。最近はめっきり目立たなくなっていたので離脱してよかったなと。
・ジェリコの部屋、もとい「ハイライト・リール」。なぜかセットがどんどん良くなってきていて、ついにプラズマテレビ「ジェリトロン5000」まで導入。だいぶ本格的になってきた。
・ハイライト・リール、今日のゲストはクリスチャン。いきなり髪を切ってイメージチェンジ。クリスチャンはクリエイティブチームから「髪を切れ」と言われ続けてたそうで、髪を切るのと引き換えのIC王座獲得だったのかな?その後RVD登場。なんだかんだでタッグ王座戦に。終盤ブッカーTが出てきてスピンルーニーで試合終了。
・王座戦を行うリック・フレアーをHBKが焚き付ける。
・二日酔いのビショフの部屋にストンコが拡声器とゴミ箱の蓋を持って登場。ガンガンゴンゴン。二日酔いをふっ飛ばすために女を連れてきたと、入れた女がムーラとメイ・ヤング(笑)。やっぱりストンコに他人をからかわせると最強である。
・また、ラ・レジスタンスVS塩兄弟。塩兄弟、ステーシーに見捨てられる。
・誰がゴールドバーグを轢き逃げしたか?アンケート結果。ロックが29%でダントツトップ。でも映画撮影中なのでハズレ。次いでクリスチャン、HHH、そしてストンコの順。セオドア・ロング3%(笑)
・ストーンコールド、ランス・ストームを取り調べ。ゴーバー轢き逃げ未遂事件実行犯であることを自白。でも事故だと主張。
・ゴールドバーグVSランス・ストーム。試合自体はあっさりジャックハマーでゴーバーの勝ち。ランス、ジェリコが黒幕だと自白。ジェリコもそれを肯定。
・王座戦HHH VS リック・フレアー。裁くレフェリーはニック・パトリック。ヘブナーは休みらしい。まぁ、昨日ハンマーでぶん殴られたばかりだからな。試合はフレアーの卑怯な魅力をよく表現した、古き良きアメリカンプロレス風で、いい試合だったと思う。当然フレアーの負け。
・試合後乱入するナッシュから逃げて、花道に倒れるHHHに対して、ストンコがバッドブラッドでの、ナッシュとのヘル・イン・ア・セル戦を命令。ヘブナーの運命や如何に。エリミネーション・チェンバー戦はもうやらないのかしら?


[#030612]
03/06/12

奇弁

Yahoo!ニュースより<党首討論>首相絶叫 イラク大量破壊兵器問題で
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」
「フセイン大統領が見つかっていないから、イラクにフセイン大統領が存在していなかったと言えますか」

新連載、さわやかWWE。
 特番の時は必死にやるけど、RAWやSDは手抜いてやるんでよろしく。


●さわやかWWE

 さて、政治関連の話題にモチベーションは保てないけど、何か書いておかないと日記を書くと言うクセ自体がなくなってしまうので、苦肉の策として始めたさわやかWWE。まぁ、単純にWWEの番組を見た感想を書くだけですけどね。
 基本的にはRAWとSMACK DOWNとPPVの話を書いていきます。ただ、よく見逃すので、その時は書けません。また、見ていてもサボって書かないこともあります。
 ですので、このさわやかWWEに対してWWEサイト的な速報性や詳細性を求めないように。
 あと、いちいち用語や名称等の解説も入れません。


【ジャッジメントデイ】日本放送6/7

 オープニングでいきなりストーンコールド登場。ファンと一緒に観戦すると言って特別席へ。
 結局、本当にずーっと見てる(つか、ビショフとコントやってた)だけでしたが、それでもこの特番で一番目立っていたのがストンコだったというのは事実。

■第1試合 ジョン・シナ&チャック・パランボ&ジョニー・スタンボーリ(with ナンジオ)対ライノ&ブライアン・ケンドリック&クリス・ベノワ
ノンタイトル6人タッグチーム戦
 あんまりマジメに見てなかったので、さっと終わった印象。ケンドリックがずーっとやられてたというのは覚えてる。

■第2試合 ラ・レジスタンス(デュプリー&グレニエ)対スコット・スタイナー&テスト(with ステーシー・キーブラー)
ノンタイトル・タッグチーム戦
 カップ焼きそば作ってたので、まったく見ていませんでした。
 ラ・レジスタンスは新人という意味で気になるものの、対戦相手が塩兄弟ではまったく見る気になりません。お約束的に塩兄弟がステーシー絡みで負けてました。全然特番の試合じゃありません。

■第3試合 シェルトン・ベンジャミン&チャーリー・ハース(チーム・アングル)対エディ・ゲレロ&タジリ
WWEタッグチームチャンピオン戦・ハシゴマッチ
 チャボのケガで、まさかのタジ〜リさ〜ん参戦。
 ハシゴ戦はやっぱり面白いんだけど、ベルトは持っていても、まだ新人であるチーム・アングルには荷が重いか。
 こういう時にベテランがしっかりリードしてやるべきで、エディとタジリ(タジリはハシゴ戦は初ではあるが)はその仕事をきっちりこなしていた。塩兄弟も少しは見習うべき。
結果、エディとタジリさんがベルト獲得。

 ところで、カートはいつ復帰するんだろ?ジャパンツアーには顔を見せてくれるかしら?
 ちなみにジャパンツアーチケットの一般販売は14日から。忘れないように>俺

■第4試合 インターコンチネンタルチャンピオン戦 バトルロイヤル形式
(バル・ビーナス、クリス・ジェリコ、ゴールダスト、ランス・ストーム、ロブ・ヴァン・ダム、クリスチャン、テスト、ケイン、ブッカーT)
 本来「元IC王者」という条件が付随していたはずだが、なぜかその条件を満たさないブッカーTが出場している時点であやしい。なので、ブッカーTがベルトを取るんだろぐらいに思っていた試合。
 いきなりバル・ビーナスが復帰。まぁ、久しぶりといっちゃあ久しぶりだが、チーフ・モーリーの時も同じ入場曲使ってたし、アピールも同じだったしで、キャラ復帰の印象は薄い。ただ、カメラワークが以前のように女性客を映すようになったくらい。
 ところで、試合は予想通り進み、リング上に残るはブッカーTとジェリコとクリスチャンの3人。ここからの展開はまずクリスチャンが落ちて、最後にジェリコが落されるのが試合内容的にも妥当……だと思ってた。
 ところが、クリスチャンがライオンサルトを狙いにいったジェリコを突き落とした時点で予想は外れ。結局、クリスチャンがIC王座獲得という予想外の結果に。
 とはいえ、IC王座の存在意義を考えれば、クリスチャンのような中堅レスラー(ブッカーTも中堅だという突っ込みもあろうが)が取るのが正しいのかも。
 個人的にはクリスチャン好きなんでプッシュしてくれて嬉しいんですけどね。

■第5試合 トリー・ウィルソン対セーブル
ビキニ・チャレンジ
個人的にはセーブルのほうがエロイと思うがどうか?
お約束的に極小ビキニでトリーの勝ち。いや、キングの百面相の勝ち。リリアンは小勝ち。

■第6試合 ロディ・パイパー(with ショーン・オヘア)対Mr.アメリカ
ノンタイトル戦
 日本の放送ではカットされていたが、先日のSDで、パイパーがザック少年(という設定。実際はレスラー)の義足を取り外してしまった模様。そういう話を聞いて、ようやくこのザック少年がちょっと前のフミ・サイトーの週プロ連載で書かれていた、ホーガンにあこがれてWWE入りした義足のレスラーであることに気付く。
 試合自体はジジイ同士の試合なので、それなりにまったりと。
 結果はオヘアの鉄パイプ誤爆から、ホーガ……おっと、Mr.アメリカのピンフォール勝ち。カバーを阻止しようとしたビンスを押さえたザック少年が今後嫌がらせを受けること必至。

■第7試合 ケビン・ナッシュ(with ショーン・マイケルズ)対トリプルH(with リック・フレア)
ワールドヘビー級チャンピオン戦
 ナッサリVS小モッサリという、ある意味、地雷を踏むかのような対戦。メインに持ってこなかったのは当然の措置か?
 HBKショーン・マイケルズとリック・フレアーがいきなり上級レフェリーであるヘブナーによって退場措置。仕合が成り立つのか不安に。
 しかし、蓋をあけてみれば俺の不安を吹き飛ばす、俺的ベストバウト。あくまでも「俺的」なので、いい試合だったと勘違いしないように。
 シングルマッチの試合は本来、レスラー同士の2拍子(AがBに攻撃、BがAに反撃)で行われるわけであり、このリズムがゆっくりであればあるほどモッサリ指数が増す。
 ところが、この試合ではこれを4拍子(AがBに攻撃 AがCに攻撃 BがAに攻撃 BがCに攻撃)に修正するというウルトラCが編み出される。そしてこの「C」を演じたのが我らが上級レフェリー。
 ナッシュに突き飛ばされ、HHHからラリアートを受けて失神、ようやく起きたと思ったら、またナッシュに押し倒され、揚げ句の果てにHHHのハンマーを食らうヘブナーの存在こそが、この試合をベストバウトへと昇華させた。
 さすが上級の名前はダテじゃない!!(って、レフェリーの仕事か、それ?)とにかく、激しく笑わせてもらいました。
 試合結果はHHHの反則負け。つーことでHHHの王座防衛。
 最後にナッシュがRAW実況席にHHHをパワーボムで投げ捨て破壊。RAWの実況席が入場口サイドに移動してからのRAW実況席破壊は初か?

■第7、8試合間
 ストーンコールドに散々食わされ飲まされたビショフが、客席にゲロを吐く。
 グッジョブ。

■第8試合 WWE女子チャンピオン戦
(トリッシュ・ストラタス、ジャクリーン、ビクトリア、ジャズ)
 ビデオ早送り。
 ジャズが王座防衛したんだと思う。

■第9試合 ビッグショー対ブロック・レスナー
WWEチャンピオン戦・ストレッチャーマッチ
 17年前にアンドレ・ザ・ジャイアントVSキラー・カンで行われて以来、封印されていた(単に誰もやらなかった?)試合だそうだ。まさかキラー・カンの名前がこんなところに出てくるとは。
 試合は大きい二人が殴る蹴るという、お互いの持ち味を十分に生かした展開。つか、レスリングやったらビッグショーがついてこれない。
 試合結果はビッグショーをタンカに乗せて、フォークリフトで持ち運んだレスナーの勝ち。
 つまらない試合ではなかったけど、特に書く事もないなぁ。


・今回、試合の対戦者名と試合形式の欄のみ、「ALL PRO」さんから無断転載しています。
・速報性や詳細性については「WWE Ring」に登録しているような真っ当なファンサイトを利用してください。


[#030609]
03/06/09

そろそろ梅雨入り

イラク新法の概要、自衛隊3分野で支援
 なにが「活動地域は、戦闘が行われていない地域に限る」だよ。正式な戦争ですら「後方」なんて単なる言葉遊びに過ぎないのに、ゲリラ戦が行われている地域にそんなものがあるわけないだろうに。
 だから、いいかげん日本は軍隊をもつのかもたないのか、ハッキリしろよ。どっちつかずが一番悪い。

万景峰号の運行中止で韓国スパイ連中大喜び。
「日本はスパイ天国」って別に北朝鮮だけの話じゃありませんよ。


[#030605]
03/06/05

あきれるとしか……

麻生太郎って、韓国のスパイなんじゃないの?
 こうやって「日本人は戦争の反省をしていない」という世界的世論を喚起して、韓国の利益を計っているとしか思えない。

昨日、フジテレビのゴールデンの時間帯にオヅラが出てて、なんか「あなたの家にも北朝鮮製ミサイルの部品が!!」なんてやってるんですよ。
 その内容が凄まじくて、ビデオを分解してヘッダからボールベアリング取り出して「これがミサイルの部品!!」だってさ。他にもラジコン壊して小型モーターが部品だとか、パソコンのヒートシンクが部品だとか、お前らはミサイルをなんだと思ってるんだと。ミサイルだって工業製品なんだから、そういう基本的な部品は使われているに決まってるだろうに。
 なんか「ミサイルは悪い心がつくる」とでも思ってるんですかね?良い心の我々が作ると家庭用品になるが、悪い北朝鮮が作るとミサイルになるとか。
 とにかく、こんな頭の悪い企画をゴールデンで放映している日本って……


[#030601]
03/06/01

少しだけでも更新しておこう

なんか、一旦サボり始めると、いつまでもサボれちゃうなぁ。
 原因はもうすっかりあきれてニュースを見ていないこと。
 先日、石原慎ちゃんとGAの赤服が一緒に歩いてるのは見たけどな。確か日テレで渋谷の視察に合わせる形で「合法ドラッグに溺れる若者たち」ギャガーン(BGM)なんて放送してたけどな。合法ドラッグは合法なんで別に溺れるも糞もないわけだが。
 合法ドラッグはハイになるけど、俺は今さらハイにはなりたくないんで、ここ数日はもっぱらお香炊いてます。

 まぁ、現状としてはこんなところか。考えてることはいろいろあるけど、なかなかまとまらない。